ファイバーゲート (9450)が株式の立会外分売を発表!

2018年10月1日(月)東証マザーズ上場ファイバーゲート (9450)が「株式の立会外分売」を発表しました。

ファイバーゲートは、47万株の立会外分売を実施します。分売実施日は、10月17日(水) から10月19日(金)までのいずれかの日を予定しています。申込上限株数は200株(売買単位:100株)です。

ファイバーゲートは、東証1部への市場変更を目指しています。分売の目的は、市場変更のための形式基準の充足を図るためです。

10月16日追記
ファイバーゲートの分売価格は1,744円(ディスカウント率2.02%)に決まりました。

2019年6月5日追記

ファイバーゲート (9450)の立会外分売のご案内【東証1部への市場変更承認】
2019年6月5日、東証マザーズ上場ファイバーゲート (9450)が立会外分売に関するお知らせを発表しました。分売予定株式数は15.7万株です。金額にすると5.4億円規模です。分売実施日は、6月13日(木)を予定しています。申込上限株数は ...
スポンサーリンク

ファイバーゲートの立会外分売情報

銘柄名ファイバーゲート
コード番号9450
上場市場東証マザーズ
分売株式数476,000 株
発行済み株式総数に対する分売数量の割合5.0%
最低申込株数100株
申込上限200株
分売予定日10月17日(水)~10月19日(金)までのいずれかの日
分売実施日10月17日(水)
分売の前営業日終値1,780円
分売価格(割引率)1,744円(2.02%)
分売前営業日の出来高110,200株
分売日の始値(分売価格比)1,750円(+0.3%
分売の目的東証1部昇格のための形式要件の充足を図るため

分売実施日の日足

始値(分売価格比)安値(分売価格比)高値(分売価格比)終値(分売価格比)
1,750円(+0.3%1,737円(-0.4%1,780円(+2.1%1,749円(+0.3%

企業情報

事業内容賃貸物件オーナーや商業施設向けにWi‐Fiサービス提供。法人に通信機器の製造・販売も
信用/貸借信用(HYPER売:有)
株主優待2,000円分のクオカード

投資指標

2018年10月1日

株価1,998円
時価総額190億円
PER55.0倍
PBR13.79倍
配当利回り-%

ファイバーゲートの立会外分売予想(管理人の参加について)

ファイバーゲートが立会外分売を発表しました。立会外分売を実施するのは上場後初めてです。

ファイバーゲートは、東証1部への市場変更を目指しています。2018年3月に上場したばかりなので、すぐには市場変更できませんが、株主優待の新設や株式分割を既に行っており意欲は強そうです。

立会外分売については、流動性はありますが、分売株式数が発行済み株式数の5%と多く、指標面の割高感もあり、貸借銘柄でもないので不参加の予定です。

10月16日追記
ディスカウント率が渋すぎる上、地合も悪いので予定通り不参加です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました