みらいワークス (6563)が株式の立会外分売を発表!

2018年11月27日(火)東証マザーズ上場みらいワークス (6563)が「株式の立会外分売」を発表しました。

みらいワークスは、2万株の立会外分売を実施します。金額にすると、1.0億円規模です。分売実施日は、12月4日(火) から12月11日(火)までのいずれかの日を予定しています。申込上限株数は300株(売買単位:100株)です。

分売の目的は、株式の分布状況の改善及び流動性の向上を図るためです。

12月3日追記
みらいワークスの分売価格は4,660円(割引率2.51%)に決まりました。

スポンサーリンク

立会外分売情報

銘柄名みらいワークス
コード番号6563
上場市場東証マザーズ
分売予定株数20,000株
発行済み株式総数に対する分売株数の割合1.6%
最低申込株数100株
申込上限300株
分売予定日12月4日(火) ~12月11日(火)までのいずれかの日
分売実施日12月4日(火)
分売の前営業日終値4,780円
分売価格(割引率)4,660円(2.51%)
分売前営業日の出来高16,600株
分売日の始値(分売価格比)4,850円(+4.1%
分売の目的株式の分布状況の改善及び流動性の向上を図るため

分売実施日の四本値

始値(分売価格比)高値(分売価格比)安値(分売価格比)終値(分売価格比)
4,850円(+4.1%5,050円(+8.4%4,830円(+3.6%4,850円(+4.1%

企業情報

事業内容企業とフリーのコンサルタントのマッチングサービス。高スキルフリーランサーの転職支援も
信用/貸借信用(HYPER売:可)
株主優待なし

投資指標

2018年11月27日時点

株価4,815円
時価総額58億円
PER53.2倍
PBR9.07倍
配当利回り0.00%

みらいワークスの立会外分売予想(管理人の参加について)

みらいワークスが立会外分売を発表しました。2017年に上場後、初めての立会外分売です。現在のところ発行済株式数が少なく、東証1部への市場変更の意図はないとみられます。

立会外分売については、分売株式数は少ないですが流動性が乏しく、値がさ株でもあるので見送り予定です。

12月3日追記
信用銘柄なので割引率はもう少し欲しかったですが、年初来安値が4,700円なので分売価格は年初来安値を下回っています。分売株数は少なく、年初来安値圏とあってか買い板もそれなりにあるので参加します。

コメント